帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

2018オークス優駿牝馬 樫の女王はアーモンドアイで決まりなのか?

f:id:moritoki0829:20180515223430p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

 

 

阪神JFを制し桜花賞で2着したラッキーライラック。2歳女王をやぶった桜花賞馬アーモンドアイ。前哨戦のフローラSを完勝したサトノワルキューレ。

 

 

構図的にはこの3頭の争いになりそうだが、果たして本当にそうだろうか?

 

 

2歳女王ラッキーライラックの父オルフェーブルは牡馬クラシック3冠を含むG1・6勝馬。距離適性も問題はなさそうだが、これまで5戦全てがマイル。距離が800mも伸びることは少し不安ではある。2400mの距離にどう対応できるかが鍵となりそうだ。

 

 

桜花賞馬アーモンドアイの父ロードカナロアもG1・6勝馬。しかしG1・5勝を1200mとこちらは生粋のスプリンター。母はエリザベス女王杯を勝利したフサイチパンドラ。G1・1勝ながら母に似れば距離の適性は大丈夫そうだ。距離が克服できるのであれば、これまで全て上がり最速を出したり、牡馬を一蹴した末脚は東京の舞台でこそ発揮しそうではある。

 

 

前哨戦のフローラSを勝利したサトノワルキューレの父ディープインパクトもオルフェーブルと同じ牡馬クラシック3冠を含むG1・7勝馬。ゆきやなぎ賞では後の青葉賞2着馬エタリオウを差し切っての勝利。牡馬顔負けの末脚はこちらもアーモンドアイと同じ。また3強と言われる中では2400mの距離を体験していることは大きくプラスと言えるだろう。

 

 

3強とは別に

リリーノーブル

マウレア

オルファーラブ

トーセンブレス

など面白い牝馬が揃っている。

 

 

過去10年の1番人気の複勝率は80%と信頼度は高いものの、4〜9番人気の伏兵が馬券に絡んだのは13頭。二桁人気の馬券は過去10年1度のみ。

 

これまで2着、3着に甘んじてきた馬たちがオークスの舞台で巻き返しがあるかもしれない。

 

現段階での僕のオークスの予想はこちらです。

 

人気ブログランキングへ

◯ラッキーライラック

▲アーモンドアイ

△トーセンブレス

△リリーノーブル

注パイオニアバイオ

人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキングへ

 

 


中央競馬ランキング


競馬ランキング