子供が努力しないのは、努力が報われない社会だから。を本気で考えてみる。

f:id:moritoki0829:20171116172924p:plain

 

スポンサーリンク

 




 

 

子供が努力しないのは、努力が報われない社会だから。

子供が勝負しないのは、負けたら終わりの社会だから。

子供が信用しないのは、裏切るのが当然の社会だから。

子供が挑戦しないのは、夢を馬鹿にされる社会だから。

子供が成長しないのは、責任を押し付ける社会だから。

 

 

先日このようなツイッターの書き込みを見かけた。かなりのスピードでいいねとリツイートが繰り返されているのを見てすごく違和感を感じた。

 

 

それに対して僕はこのように返信してみせた。

 

 

報われるまで努力する子もいる

負けても勝つまで勝負する子もいる

裏切られても信用する子もいる

夢を馬鹿にされても挑戦する子もいる

責任を押し付けられても成長する子もいる

 

 

社会のせいにしてもいい

言い訳してもいい

でも社会は救ってくれない

 

 

僕の考え方はこうだ。常に何かのせいにして自分の居場所を確認することは別に悪いことではない。しかしそうやって確認した居場所でさえ社会は別に救ってくれるわけではないのではないだろうか?

 

世の中に平等なものなど何もない。生まれながらにして顔も違えば性格も違う。そして家庭環境も違えば30日だって生きられない状況で生まれてくる子供だっている。

 

そんな不平等な世界の中で言い訳したって社会のせいにしたってそれが何になるというのだろうか?言い訳をしてはいけないのではなくて、その言い訳の先に自分の楽な居場所を探すだけであるのなら誰だって言える。

 

大人がこのようなことを子供に教えてしまうとどうなるか。どうなるのだろうか?いつの時代だってやるやつはやるしやらないやつはやらない。そんなのどこの国に行っても同じだろう。

 

 




スポンサーリンク

 



結局は自分の問題なのである。

社会は理不尽だと教えることはとても大切だ。

 

 

努力が報われる社会もある

負けても終わらない社会もある

信用するのが当然の社会もある

夢を応援してくれる社会もある

責任を担いでくれる社会もある

 

 

それは自分次第だ。

社会のせいにするのではなく、自分が住みたい社会を選ぶことが大切だろう。報われない努力なんていくらでもあるだろう。しかし報われる努力もある。だからこそ報われた時人は成長するのだろう。

 

理不尽な社会を受け入れてその中で生きていくことが大切。綺麗事は言わない。不平等だらけのこの社会で社会のせいにしないように生きていく。

 

安倍総理だって頑張ってるよ。給料は貰いすぎだけどね笑