帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

2017富士ステークス過去10年のデータ マイルCS前哨戦見どころ

f:id:moritoki0829:20171018195825p:plain

スポンサーリンク

 




 

過去10年の3着までの馬名。

枠順・馬番・馬齢・斤量・人気・脚質

コーナー通過順になります。

 

f:id:moritoki0829:20171019134635p:plain

 

マイルCSの前哨戦となる富士ステークス。昨年はヤングマンパワーが関屋記念から重賞連勝でここ制したました。去年・一昨年と堅い決着になっているものの、過去10年みてみると2009年210万馬券、2010年170万馬券と大波乱の決着もある。そしてそのほかに4度も3連単が10万馬券を超える波乱。ここ2年は割と荒れていないが、大穴を狙ってみるのも面白そうなレースである。

 

 

f:id:moritoki0829:20171019134651p:plain

 

枠番別成績で見てみると1枠4枠6枠からは勝ち馬は出ていない。1枠に限っては2008年に連対した後は馬券にすら絡めていない。極端な内枠は割り引いて考えて良さそう。逆に2枠3枠7枠の複勝率は高くなっていて、極端な枠でなければ人気薄でも走りそうな感じだ。

 

 脚質でいうと半分が先行馬、半分が差し追込み馬でどちらでも馬券に来ていることがわかる。また直線の長い東京競馬場なので追込み馬の脚でも突き抜ける可能性はあるが、雨が降り続いている関東で馬場がかなり湿っているであろう土曜日はどうだろうか?

 

馬齢でいうと近5年で3歳が3勝と勢いがある。過去10年で見ると3歳3勝、4歳4勝、5歳3勝と6歳以上の馬は勝ち馬に慣れていない。しかし6歳馬が二桁人気で2度馬券に穴を開けているが馬券はその2頭のみ。7歳馬の馬券はなく、8歳は3着が1度のみで6歳以上は割り引いて考えても良さそう。しかし穴馬をここから探すのも面白そうである。

 

 

 




スポンサーリンク

 



f:id:moritoki0829:20171019135049p:plain

 

過去10年の前走別成績から見ると、京成杯オータムHからの馬券が一番多くなっている。次にOPのポートアイランドS。そのほかには安田記念やダービー卿チャレンジなどがある。

 

昨年のイスラボニータは安田記念5着からここでも好走しているが、安田記念で二桁着順で破れた馬2頭が2度連対している。安田記念での惨敗はあまりマイナス要素ではないかもしれない。

 

京成杯オータムHからの馬券が一番多いものの、京成杯オータムHを勝利して馬券になった馬は過去10年で1頭もいない。また馬券に絡んだ馬は全て6着以内だった。

 

オープンのポートアイランドSからの馬券も4頭いて、前走の着順に関わらず馬券圏内に来ている。こちらも要注意と言えそうだ。

 

マイルCSの前哨戦となる富士ステークス。今年はどの馬がいい形で駒を進めるのか!?

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報