安室奈美恵と光宗薫 引退と芸能活動休止 安室の美学と光宗の美学とは?

f:id:moritoki0829:20170921165452p:plain

スポンサーリンク

 




 

2018年9月16日で引退

常に日本の音楽シーンには欠かせない歌姫が来年マイクを置くという。そして芸能界も引退。僕が赤ちゃんの頃から世間を魅了し続けた安室奈美恵が芸能界引退宣言とあってどこのテレビ局も朝から安室奈美恵さんの引退報道ばかり。

 

その度に沖縄での凱旋ツアーが映し出され、本当にこれが40歳なのかと驚かされるとともに、こんな素晴らしい人が早すぎる引退を決意したことにすごく疑問を感じた。

 

安室奈美恵の美学

誰よりもストイックで真面目、熱心。そんな言葉が彼女の引退報道に花を添える。劣化という言葉を嫌い、歌いながら踊るというライブを繰り広げてきた彼女にも少しずつ年齢という壁が高くなってきたのだろうか?

 

安室奈美恵の美学はとっても素敵だと思う。完璧を求める彼女の気持ちが、完璧でない自分がファンの前に立ちたくないという素晴らしいプロ意識だと思う。そうじゃない人を非難するわけではないが、そのプロ意識が彼女の美学を作ったのだとも思う。

 

20歳でデキ婚ということで大きな衝撃を世間に与えた。相手はダンサーのSAMさんだった。しかし5年という結婚期間で離婚。二人ともの多忙が原因だろうと言われている。

 

結婚、出産、離婚、全てを経験したのに身体の維持やメイクは常に世間をリードし続けた。「アムラー」という言葉も流行し、安室奈美恵に憧れる女性は数多くいた。

 

安室奈美恵は男性にも女性にも大人気のパフォーマーだった。

 

 




スポンサーリンク

 


10月から芸能活動休止

光宗薫

 

f:id:moritoki0829:20170921165524p:plain

 

17歳の時に神戸コレクションオーディションでグランプリを獲得。同年末にAKBの研究生として加入しスーパー研究生として脚光を浴びた。しかし2012年のAKB総選挙では64位にも入れない圏外。その体調不良が続きAKBを脱退。その後は女優業やファッションモデルとして活動。最近では「プレバト」で水彩画の特技を披露していた。

 

自身のツイッターで

「10代の頃から摂食障害、脅迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」

「様々な表現に携わる続けたいという私の強い希望の下、周りの方々にサポートしていただき現在まで続けることができていました」

「強い気持ちを持つほどバランスが取れなくなり、好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていきました」

「再び愛を持って活動ができるまでお休みをいただくことに決めました」

とお伝えしたこととして、活動休止の発表となった。

 

 

芸能歴でいうと安室奈美恵さんの方が圧倒的に長いが、ファンに自分が見せたい自分しか見せない部分は共通している美学なのではないだろうか?

 

 

あと一年というタイムリミットをこれから上手に使えるのが安室奈美恵だろう。そして光宗薫にもしっかり休んでほしいとは思うが、あまり無理をして欲しくないと思う。その上で復帰するなら復帰して自分の見せたい自分を魅せて欲しいと思う。

 

2人ともの素晴らしい美学だろう。