10月22日の早期解散は誰のためのものなのか?選挙なんてやってる場合じゃ無い。

スポンサーリンク

 




 

はい、安倍さん、今解散して選挙なんてやってる場合じゃ無いですよ。北朝鮮情勢だとか言っていますけど何にもできないんだから大人しくしといてもらいたいですね。

 

てか解散は誰のためでしょうか?結局自分たちが選挙に勝ちやすくなるからこの時期を選んでるんではないでしょうか?そんな政治家が誰のために政治をやっているのだろうか?

 

という話に、今日のお客様と話していました。

年収うん千万円ともらっている人たちが政務活動費でなんでも落としちゃう人ばっかりで、結局人の税金使って仕事もせずに国会議員をやっている人たちが多いと。

 

んーなるほどと思いながら聞いておりました。確かに人は欲深い生き物だなぁと国会議員を見ているとよく思います。国民のために政治家になった人がどれくらいいるのだろうか?

 

そんな性善説や性悪説を説くわけじゃ無いですけど結局自分のためでしかない政治家が多くてどれほど良い政治ができるだろうか?本当に国民のことを考えているのであれば国会議員を減らすべきだし、お給料だってもっと減らすべきだと思う。

 

そんな中で国会議員になりたいという人たちがいれば日本はこれからもやっていける気がする。結局お金なんだなぁと思う。

 

 




スポンサーリンク

 


北朝鮮がミサイルをぶっ放している時に日本が日本のことしか考えないで解散して選挙なんてやってる場合じゃないでしょーと思うは確実に僕だけじゃないはず。

 

アメリカが守ってくれるから?北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込まないから?そんなこといっている場合じゃない。とりあえず今は国際的に物事を考えるべきだろう。自民党だとか、民進党だとか公明党だとか今はぶっちゃけそんなのどうでもよくて。

 

だから日本は島国で勝手にやってると言われてしまう。経済成長が止まってしまったのも結局は日本が日本独自のやり方しかできないからだろう。

 

もっとソフトバンクの孫さんのような経営者が増えるべきだろうし、もっと国際色豊かになれないものだろうか?

 

と政治も経営も何にもわかっていない僕がこんなことを書いていても仕方がないですけどね。しかし、こんな国民の発言力も全くないが、一意見として国会に届かないものだろうかと常に思っている。

 

そんな意見をここに書いたところで意味もないのだろうが、今日はもう寝ようと思います笑