帯封狙いの競馬予想 へなちょこ馬券美容師

毎週末行われる競馬の予想を行います!

キーンランドC過去10年のデータと登録馬

スポンサーリンク

 




 

f:id:moritoki0829:20170822215948p:plain

 

f:id:moritoki0829:20170822220032p:plain

過去10年

馬場・頭数

1〜3着馬 枠・馬番・馬名・馬齢・斤量・人気

脚質・コーナー通過順

のデータになります。

2013年は函館開催。

 

f:id:moritoki0829:20170822220229p:plain

 

過去10年ではどの枠からでも出ている。6・7・8枠からの馬が多くなっている。特に7枠からの馬券が1番多い。脚質的に見ると逃げ・先行馬の方が有利な気がする。過去10年の勝ち馬は最終コーナーを7番手以内に通過している。

 

中団から後ろ、8番手以降で最終コーナーを回った馬は2着3着と馬券には絡んでいるものの勝ちきれない。

 

 逃げ馬

イッテツ

シュウジ

ソルヴェイグ

 

先行馬

ネロ

ナックビーナス

エポワス

メイソンジュニア

ブランボヌール

ヒルノデイバロー

ライトフェアリー

 




スポンサーリンク

 



f:id:moritoki0829:20170822221250p:plain

f:id:moritoki0829:20170822221745p:plain

 

過去10年のデータでは函館SSからの馬券が1番多くなっている。

対象馬

シュウジ

ノボバカラ

ブランボヌール

 

次いでUHB賞(UHB杯)

対象馬

イッテツ

ヒルノデイバロー

エポワス

 

過去10年で10番人気以下が馬券に絡んだのは2度のみ。しかし2頭ともUHB杯で5着以下に破れていた。今年はエポワスが7着と破れているため人気を落としていれば買いかもしれない。

 

また3歳馬のモンドキャンのに注目が集まりそうだが、昨年のシュウジのように勝ちきれない場合もある。3歳で勝ったのは牝馬のみで、牡馬はシュウジのみしか馬券に絡めていない。53キロで出走できるのはかなり有利ではあるが、それもシュウジのみしか馬券になれていない。

 

またシュウジは今年は昨年よりプラス5キロの斤量を背負うことになる。阪神Cで56キロで勝利して以来、阪急杯、高松宮記念、函館SSを掲示板に乗れないレースが続いている。そこでトップハンデの58キロはさすがに重すぎる気もする。

 

ソルヴェイグは前走、前々走のG1から斤量が1キロマイナスになる。昨年よりは斤量がプラスされるものの、G1で戦ってきた相手を考えるとここは実力上位となりそうだ。昨年の函館SSを勝っており、洋芝適性も問題ないだろう。

 

 

今年はどんなレースが繰り広げられるだろうか?

 

 


競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ

にほんブログ村

 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
東西穴記者予想「穴バトル」を好評連載中

 

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム

 

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報