甲子園10日目見どころ 優勝候補秀岳館は2回戦で敗退 大阪桐蔭は3回戦に駒を進める

スポンサーリンク

 




 

f:id:moritoki0829:20170817165318p:plain

今日で出揃った16強。

 

大会9日目 第1試合

広陵ー秀岳館

左腕二人を要して4期連続出場の秀岳館は今季限りで退任する指揮官に初優勝をプレゼントしたかった。優勝候補の一角と言われた秀岳館は2回戦で姿を消すことなる。6ー1と点数だけ見れば広陵が圧倒したかのようだが、実際には手に汗握る試合だった。

 

第2試合

智辯和歌山ー大阪桐蔭

史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭も今年の優勝候補と言われている。しかし、蓋を開けてみると2回戦から厳しい試合をしいられる展開となった。大きな一勝を手にした大阪桐蔭だが、走塁ミス・ワイルドピッチなど智辯和歌山のミスによって勝ったような試合。史上初の2度目の春夏連覇を達成できるのだろうか?

 

第3試合

仙台育英ー日本文理

日本文理の大井監督が今年限りでの勇退を発表していて、最後の夏に日本文理は優勝をということで夏の甲子園に乗り込んできた。対する仙台育英は2年ぶりの甲子園。初めての優勝旗を東北に持ち帰りたいところだ。 投手長谷川の好投で1−0という素晴らしい投手戦を制したのは仙台育英だった。次戦では優勝候補大阪桐蔭との激突が今から楽しみである。

 

今日の3試合は全て素晴らしい試合だった。展開・流れ・全て1スイング・一球で変わってしまうような試合。大阪桐蔭と智弁和歌山、仙台育英と日本文理はどちらも最後のアウト一つまで目が離せない。そんな試合でした。

 

Best16

青森 青森山田

岩手 盛岡大付属

宮城 仙台育英

福島 聖光学院

新潟 日本文理

群馬 前橋育英

埼玉 花咲徳栄

東東京 二松学舎大付属

西東京 東海大菅生

奈良 天理

大阪 大阪桐蔭

和歌山 智辯和歌山

兵庫 神戸国際大付属

広島 広陵

山口 下関国際

香川 三本松

愛媛 済美

大分 明豊

鹿児島 神村学園

 

 




スポンサーリンク

 



 

組み合わせ

大会10日目

神戸国際大付属ー天理

三本松ー二松学舎大付属

明豊ー神村学園

東海大菅生ー青森山田

 

大会11日目

済美ー盛岡大付属

前橋育英ー花咲徳栄

聖光学院ー広陵

智辯和歌山ー仙台育英

 

 

f:id:moritoki0829:20170817165651p:plain

 

こういう言い方をするのはどうかと思うが、やはり2回戦が初戦になるチームはかなり有利だろう。そして今年の抽選は大荒れだった。1回戦を初戦にするチームに優勝候補がずらり。横浜・秀岳館・木更津総合・中京大中京・興南・日本文理。全てが優勝してもおかしくないチームだった。それぞれの強豪と呼ばれるチームが2回戦を突破できずに甲子園を去って行く。

 

最初49いた各都道府県のチームが今や16まで減った。そしてここからが本当の戦いとなる。明日、明後日でBest8をかけ16のチームが激突。どこで姿を消してもおかしくない、そしてどこが優勝してもおかしくない今大会。

 

展開・流れ、そして運を味方にできたチームが最後の瞬間に笑顔で大会を終わることができる。今年の優勝旗を持って帰るのはどこのチームになるのか。。。